瀬戸内かきがらアグリ JAグループ岡山

瀬戸内の海とつながる
おかやまの農畜産物

瀬戸内かきがらアグリ基金

 里海米の売り上げの一部を「瀬戸内かきがらアグリ基金」に積み立てて、里海再生活動を支援する取り組みを開始いたします。

「食べてまもる!瀬戸内海」里海米をいっぱい食べることが瀬戸内海の環境保全につながります。

SDGsへの取り組み
「5つのバリュー」がある「晴れの国うまれ 里海米」を購入して食べるだけで、
誰もがエシカル消費を推進することができ、間接的にSDGsの取り組みへ参加することができます。

Instagram

瀬戸内かきがらアグリ事業概要

JAグループ岡山の始めた「瀬戸内かきがらアグリ」事業は、瀬戸内のかきがらを地元で有効活用して循環型のアグリ事業に取り組み、同時にかきがらを使用した環境保全活動を行い、瀬戸内海という里海や河川、田んぼ、畑、森林といった岡山の自然、その恵みを守るための挑戦です。

里海米の生産

かきがら資材の効果や施用の有無による違い、認定条件、生産状況など、生産者向けの情報です。

ページ上部へ